Art Beef Gallery

商品

トーク

トークを投稿するにはユーザー登録またはログインをしてください。

情 報

本ギフトは、“開ける”食べる“”飾れる“楽しさを追求するため、あらゆるところに様々な“ひとてま”を加えた商品です。

株式会社ひょうたんやは、「日本三大和牛である近江牛を、今までやったことのない形で多くの人に知ってほしい」と面白法人カヤックにオファー。「江戸時代から食べられている近江牛の歴史に合わせて、日本の歴史ある絵の文化と掛け合わせてみたら面白いのではないか」と伝統的な絵画ジャンルである浮世絵をヒントに、数ヶ月におよぶ施行を重ねて形にした“芸術作品”が完成しました。

「Art Beef Gallery」は、ひょうたんやが厳選を重ねたA5ランクの近江牛の赤身肉を使用しています。肉質はよりきめ細かく、上品なコクと柔らかさが特徴的です。

そして今回は、この上等なお肉を味わってもらうだけではありません。あらゆるところに加えられた“ひとてま”を楽しんでもらえるようなギフトになっています。

まず本商品の蓋を開けると、近江牛ならではの発色の良い赤身を活かした浮世絵が登場します。本ギフト第一弾は、葛飾北斎の「富嶽三十六景 凱風快晴(赤富士)」をモチーフとした本デザイン。赤身の美しい近江牛だからこそ実現できた、色鮮やかな赤富士が描かれています。そして絵の層を開けると、3~4人前のお肉が登場。ご家庭では冷凍で届いたお肉を冷蔵庫で24時間ゆっくり解凍し、さらに食べる直前30分常温にすると、本来の近江牛の肉の味わいが際立ちます。

また食べた後は、浮世絵の後ろに写真や色紙を使用することでオリジナルのアートとしてご活用いただけます。食べ終わった後まで本ギフトを楽しんでいただけるようにひとてまかけました。

(プレスリリースより)

こちらもオススメ

みんなの活動