江戸の版画王

作品

トーク

トークを投稿するにはユーザー登録またはログインをしてください。

情 報

江戸の版画王は、蔦屋重三郎のような江戸時代の版元(出版社)になって、浮世絵を作って売るゲームです。浮世絵は、絵師、彫師、摺師という職人による分業で作られます。プレイヤーは版元として職人たちに指示を出して浮世絵を仕上げ、絵草子屋で売りに出します。この工程の再現にあたり、とある名作ボードゲームから「バリアブルフェイズシステム」を採用しました。運要素は少なく、プレイヤー間のインタラクションは強く、戦略性の高いゲームです。

なお、プレイに浮世絵の知識は必要ありません。

こちらもオススメ