田舎館村の田んぼアート

作品

トーク

トークを投稿するにはユーザー登録またはログインをしてください。

情 報

稲の水田をキャンバスに見立て、色の異なる稲を植えることで巨大な絵や文字をつくる田んぼアート。1993年に青森県田舎館村で始まり、全国に広まりました。

田んぼアートは田んぼをキャンバスに見立て、色の異なる稲を植えることで巨大な絵や文字を作る。大規模なものの多くは斜め上から見る前提で図案を設計し、これに基づいて遠近を考慮して植えられている。 使用される稲は主に現代の食用に広く栽培されている米と、古代に栽培されていた稲である「古代米」、または餅米や観賞用品種の稲であり、これらの葉や穂の色によって緑色、黄緑色、濃紫、黄色、白色、橙色、赤色といった色が作られる。

こちらもオススメ