江戸と北京 -18世紀の都市と暮らし-

イベント

トーク

トークを投稿するにはユーザー登録またはログインをしてください。

情 報

江戸時代の鎖国下でも中国貿易は公認され、長崎を窓口にして交流・物流が滞ることはなかったという、日本と中国。18世紀を中心にして都市としての江戸と北京を、生活、文化面から比較する初めての展覧会。両都市の共通性と差異が明らかにされる。

北京の首都博物館の一級文物を含む185件が日本初公開。また、ベルリン国立アジア美術館蔵の「熈代勝覧(きだいしょうらん)」が三度目の里帰り、11年ぶりの日本での公開となる。

場 所

江戸東京博物館 ( 東京都 墨田区横網1-4-1 )

Googleマップで確認

みんなの活動